一般記事

キャリートレードと市場オーダーの関連性

まとめ

ミセスワタナベの性質と市場オーダーの特徴を抑えて活用しよう

外国為替市場で取引を行う日本人の個人トレーダーを総称して「ミセスワタナベ」と呼ばれています。

この言葉の認知が爆発的に増加した背景には、インターネットの普及と共に2000年代前半から加速度的に日本の個人FXトレーダーが急増して、市場に大きな影響力を与え始めたことが要因です。

現在も日本の個人トレーダーの影響力は小さいものではありません。

トレードをする上で非常に重要なプレイヤーの性質を把握して有意義に活用しましょう。

ミセスワタナベの大きな3つの特徴

日本人個人トレーダーであるミセスワタナベには非常に大きな3つの特徴があります。

ポジティブキャリーが好き
意識するレートが顕著
損切をしない or 買い増し

ポジティブキャリーが好き

ミセスワタナベはポジティブキャリー(キャリートレードの一種)が非常に好きな方が多いです。

一言でいうなら、プラススワップポイントによる収益を目的としながら高金利通貨を非常に好んで触る傾向にあります。

何故ここまでポジティブキャリーに拘る方達が多いのか?

その背景には、インターネット上のスワップポイントによる収益を賞賛 or 推奨するブログやメディア雑誌媒体の存在が非常に密接に関わっています。

ポジティブキャリーのトレード自体は悪でも何でもありません。

個人の小口のみならず機関のような非常に大きな大口まで、キャリートレードをメインとして取引を行う方達もいるほどに戦略としては理に叶った運用方法ですが、ミセスワタナベ間では「政策金利や世界情勢に関する知識の圧倒的欠如」「最低限のテクニカルやチャートの分析力」「トレードに関する一連の知識や理解」が圧倒的に欠落している層が大半を占めているといっても過言ではありません。

残念ながら現時点でもポジティブキャリーによる取引を推奨するメディアやブログの大半で政策金利の問題やトレードに関する踏み込んだ理解を促す記事やコンテンツは非常に少なく、特定のツールや手法を用いポジティブキャリーを配当のように称して謳い文句を仰ぐものも少なくはないです。

戦略自体は効率的な運用方法の一種ですが、その背景にはトレードに関する知識や理解がとても大切であることを理解すべきです。

意識するレートが顕著

ミセスワタナベはポジティブキャリーを好む傾向にあると書きましたが、より砕けた言い方をするなら「大衆心理」に他なりません。

つまり、日本人が観ているレートの大半が非常に似通っていると解釈することも出来ます。


上記は日本の証券会社で観ることが出来る個人のオーダー比率です。

証券会社によっては、上記の画像のようにグラフや割合を表記してオープンソースとして公開している会社があります。

これにより、日本の個人トレーダー = ミセスワタナベたちのポジションの動きや注文までアバウトではありますが、大まかな流れを捉える事が可能であり、このポジションを応用した戦略やトレードを組み立てる事が可能です。

チャートやテクニカル分析を学んでいくと「ストップ狩り」「だまし」といった表現をされることが非常によくありますが、厳密にはこういった個人オーダーが狩り取られることによって起きる場合が多いです。

ミセスワタナベ、即ち「大衆心理」や「大衆のレート」を把握することで今以上に鋭角なトレードが出来るといっても過言ではありません。

個人オーダーのみならず通貨強弱からオプション建玉までFXトレードで非常に有用なツールの各種を紹介しているので、自分に有意義なモノを使用してよりトレードの視野を広げましょう。

FXトレードをするに当たって「チャート」だけが有効活用出来る手段ではありません。

複数の情報を客観的に取り入れることで、よりトレード自体に「優位性&エッジ」を持たせながらあなたのスタイルを確立していきましょう。

損切をしない or 買い増し

ミセスワタナベと言われるトレーダーの最たる例の特徴が「損切をしない」「買い増しをする」といった性質を兼ね備えていることです。

先に上げたポジティヴキャリーを好む特徴と相まって、主に「トルコリラ等の新興国通貨」「豪ドルや豪ドル円のオセアニア通貨」を好んでポジティブキャリーを構築します。

戦略自体はとりわけ異質なわけでもありませんが、問題なのは自己資本金額やレバレッジ管理によって損切をせずに買い増しを繰り替えす習性にあるということです。

市場では常に買い手と売り手が存在して、お互いの需給によって値段が動いています。

買い増しを繰り返すということは、極端に買い手側の需給を偏らせることに他ならなく、売り手側や仕掛けを誘いたいプレイヤーたちからすると格好の餌食に他なりません。

無論、実体経済や政策金利に基づいた戦略として中長期の見通しまで見据えてポジションを構築するなら有用なストラテジーとなりますが、ミセスワタナベと総称される方たちは分析力が弱くて甘いことが何よりの実状です。

これによりストップ狩りやフラッシュクラッシュといったミセスワタナベ狩りが行われる要因となっています。

日常的に狙われるFXのオーダーとポジションの有効活用

ミセスワタナベは新興国やオセアニア関連のキャリートレードを好む習性にあると書きましたが、実際により幅広い通貨ペアを観る事でその視野も大きく変わります。

スワップポイントは証券会社によって数値にバラつきはありますが、割合的にはどこも同じような構成になっています。

オセアニア通貨や新興国に目を当てなくても、日本人に馴染みあるドル円/USDJPY、世界最大規模の取引量を誇るユーロドル/EURUSD、といったメジャー通貨でも、無論政策金利等に左右される部分はありますが十分な戦略的なキャリートレードが行えます。

相場はゼロサムゲームとはよく言ったものですが、常に買い手と売り手に分かれて互いに牽制しあって争っています。

ミセスワタナベを含めた個人トレーダー、機関や大手のトレーダーたちで1つのパイを奪い合っています。

チャートだけに囚われない、レートの間に潜むプレイヤーたちの性質や状況、心理を読み取ることはトレードの幅や視野を広げるに当たって非常に重要なファクターの一部であり、欠かすことの出来ない技術の一つです。

だからこそ自分自身が『ミセスワタナベ』の一部と考えるのではなく、その大多数と称される大多数の心理背景や動向を認識し、「個人のオーダーを狙う側の思考」を培うことは意味のあることではないでしょうか。

まとめ

ミセスワタナベは主に日本人個人トレーダーを揶揄する形で使われることが多いですが、これは思考を放棄したトレーダーを指していることに他なりません。

事実、大手キュレーションサイトやアフィリエイトサイトなどの影響により上記で何度も書いたように「思考を放棄(脳死)したキャリートレード」「新興国やオセアニア通貨に拘ったキャリートレード」をする方が無数にいるのが世界であり実状であり、2000年代前半から現在もこの縮図は殆ど変わりません。

しかし、私を含めこれを読んでいる全てのトレーダーもミセスワタナベと揶揄される可能性が誰にでもあります。

「個人」は常に市場に存在します。

だからこそ、テクニカルやチャートの判断だけに囚われない、様々な視点からの思考を養い、日々技術を磨いていく必要があると考えます。

 

ABOUT ME
オノノ
こんにちは専業トレーダーのオノノです。 元々はIT企業でプログラマーとしてシステム開発に携わっていました。 このサイトでは国内外問わない投資情報や分析情報など、あなたに役立つ情報を発信していこうと考えています。
error: Content is protected !!